[リストへもどる]
一括表示
タイトルCD-M終わりました。
記事No137
投稿日: 2010/12/24(Fri) 21:28:15
投稿者二上院
僕的に今回の作品は『人間の死んだ後の世界があるかどうかへの恐怖』が感じ取れました。
消えたらどうやって自分は残るのか、ほんとに自分は消えてしまって何も思うことができないのかが深くわかりました。
私もこのようなことを深く考えているので少しばかり共感できます。
内容についてですが、『愛する人が居なくなってしまった悲しみ』
『二つの人格がどう残るか』『いくら可愛くてもクビがナイト萌えないのね』ということです。
私個人的には、真夏、夏、二つの人格が共有しているガンダム00のアレルヤハプティズムのような体か、
冥王計画ゼオライマーの木原マサトのように二つの人格が完全融合しているか、
二人の白女がいるというのが私てきには希望です。
まぁとにかくいい意味では泣けなかったし、前回と比べて深い内容になっていますね、

最後に残した『あ』とは何だったのでしょうかも気になります。
一応アドを貼っておこうかと思います。他の作品ができたら教えて欲しいです。
他の作品もあるみたいなので、ゆっくりプレイしていくつもりです。

ズラガキでサーセンwwwあまりにも感動してしまいまして・・・。

タイトルRe: CD-M終わりました。
記事No140
投稿日: 2010/12/26(Sun) 00:54:55
投稿者黒世改
 二条院さん、感想ありがとうございます。

 CD−Mは色々とジレンマ的な何かを詰め込んでみました。
 というかCDシリーズは全部ジレンマ的な何かを入れています。
 ジレンマというか自意識というか、そういうものです。
 感じ方は人それぞれですが、僕は楽しく作らせていただきました。

 本当にありがとうございました。
 感想をいただけるのは作者冥利に尽きます。
 そのために作品を作ってるようなものです。

P.S.
 アドレスを張っておくと書いてありますが、どうやらどこにあるのか僕にはわからないようです。